松江市宍道ふるさと森林公園 マネージャー

中林 直行さん

松江市宍道ふるさと森林公園マネージャー
中林 直行

ぜいたくな居場所のマネージャー

ふるさと森林公園

松江市宍道町、国道9号線と54号線の間の、山の上にふるさと森林公園がある。

車で山の上までは5分ほど、急な登坂が続く。

途中には広い芝生広場、大きな遊具があり、広場は傾斜がありダンボールやそりで滑って遊ぶ子供たちでにぎわう場所。

上に行くと大きな駐車場、降りてクラブハウスへ歩いていくと、素晴らしい景色が見えてくる。

午前中に雨が上がり、曇ってはいるが空気は澄んでクリアな景色。

奥には風力発電の風車が数本そびえる北山、手前は斐川平野に築地松の農村風景、右手には宍道湖が広がり遠くに松江の町が望める。

ふるさと森林公園は広い森、残念ながら中国電力の鉄塔が前に立っているが、それ以外電柱も電線もなし、まあこればかりは致し方なし。

この森の中に、コテージ・ログハウス・キャンプサイトと点在する。

何にもないけれど、そのままの自然と遊べるほんとにぜいたくな居場所なのだ。

13

14

15

中林直行 44歳

2

1975年生まれ雲南市加茂町出身、中学生と小学生二人の女子のパパさん。

平成5年4月にオープンした、ふるさと森林公園。

オープンして間もなくふるさと森林公園に就職した。それから21年ほどになる。

おばちゃん(筆者)は、ふるさと森林公園の真下に家がありまして、子供たちを連れてよく遊びにいった。
また、開園記念日4月29日には「森の誕生日」というイベントが毎年開催され、おばちゃんもスタッフとしてお手伝い。

中林さんとは旧知の間柄、でも会うのは数年ぶりでしょうか。

小柄で華奢な体格の中林さん、いつも走り回っているイメージだった。

久々の再会、ちっとも変っていない。お互いに年取ったわねと言いながら話を聞いた。

女子二人の子供たち、中学生女子は大変でしょうと聞くと、そうでもなく結構なんでも話すそうだ。

ここのお仕事は、休日は忙しく休めない、夜勤もあり家にいる時間は少ない。

きっと、それが子供にはいいのじゃないかなあ。

いつも自然体、淡々と話す。少年がそのまま大人になったような雰囲気。

そこが、お嬢ちゃまに嫌われないところかなあ。

3

ふるさと森林公園のお仕事

この施設は松江市が設立し、指定管理運営をしている。

指定管理は5年間契約、当然利益を出し運営をしなくてはいけない。

収入の多くは宿泊と飲食。

1月28日火曜日の午後2時、おばちゃんが行ったとき、若い女性3人グループが受付をしていた。
出雲大社の大遷宮以来、観光客がぐっと底上げしてきた。

宿泊はとても好調だという。

ここは、24時間毎日の営業、職員は10人でローテーション。

中林さんは、若い人たちが多い職場なので、みんなが夢を持って5年先10年先まで働けるような職場にしていきたいと話す。

インターネット、スマートホンの普及で、環境はがらりと変わった。

以前は、新聞・チラシ広告、営業に回る、これが当然だった。

今は、ホームページ・じゃらんや楽天などの宿泊予約サイト。

海外は、香港からが一番多く、台湾、フランスなどから来られるそうだ。

すごいですね。
インバウンドという言葉、最近よく聞くようになったけれど、身近なところにもとちょっとびっくり。

誰も外国語は話せないが「何とかなりますよ」ですと。

5

ずいぶんと変わったのね

アウトドアブーム、キャンプサイトの予約はいっぱいだそうだ。

グランピングなんて聞きますね。とてもゴージャスな優雅なキャンプ。

ふるさと森林公園のキャンプサイトも、そんな楽しみ方をする人が多いそうだ。

キャンプ道具はすべて持ち込み、それも最近はやりの一流品。

服装も極めてこられる。

買うのは、ふるさと森林公園で用意している薪だけ。

皆さん、料理ではないですよ。料理はちゃんとしたキッチンセット持参。

たき火です。火を見ながらおしゃべりやコーヒーを楽しむのです。

一番びっくりは、「おひとり様キャンプ」

ほええー、一人なの?

男性も女性も結構おひとり様キャンプに来られるそうだ。

一人でたき火、なんだか世の中変ったのね。

そういえば、女性限定おひとり様ツアーなんて、流行っているそうですね。

都合を合わせる必要もなく、自分の好きな時に好きなところへ。

なんだか、素敵だなあ。大人だわ。

16

これからは?

若い職員のためにも、インターネットでの情報発信。

県外や海外の皆さんに知ってもらい、たくさんの方に来てほしい。

松江市指定管理のため、思うままにならないことも多いが、松江市と協議し宿泊利用料金を閑散期と繁忙期で変えたり、例えば平日のビジネス客おひとり様の受け入れなど、いろいろ工夫を重ねている。

開園から25年以上、施設の更新など問題は多いが、中林さん自然体で向き合っている。

昨年4月、財団に新理事長が就任した。

安部裕史(あべ ひろし)さん、天文の世界では有名な方だそうだ。

昨年夏は子供たちを集めて、星空教室を毎週末開催、また新しい発信ができそうだ。

ぜいたくな居場所、ふるさと森林公園。

朝・夕方・夜 そして四季折々素晴らしい景観を見せてくれる。

ぜひ、一度訪れてみてください。

クラブハウスでコーヒータイムから。

11

松江市宍道ふるさと森林公園
松江市宍道ふるさと森林公園

ログハウスやコテージで宿泊したり、グランピングやキャンプ、バーベキュー等のアウトドアを楽しんだり。
子供からお年寄りまで自然の中での遊びを楽しめる複合施設。

所在地 〒699-0406 島根県松江市宍道町佐々布3353-2
電話 0852-66-2500
URL https://www.forestpark.or.jp/
^